さぼてんたまき

メキシコはオアハカに住んでます。留学生活をゆるく更新

昨夜、

 

 

 

彼が日本に帰って行きました。

恐らくあと数時間で着くかと思います。

到着の連絡待ちですが、無事に着きますように、、

 

 

すごく楽しい1週間でした。

私のたどたどしいスペイン語でなんとか色々周ることが出来ました汗

 

そしてこのまま今日、'エトラ'というオアハカの村に友達と行きたかったのですが、思いの外体が疲れているので来週に持ち越し、、今日は家でゆっくりしようかと思います。

 

 

今回の旅は、私のスペイン語の課題や、その他に勉強したいことも出て来たし、何より訪れる場所1つ1つが刺激的且つ魅力的で、色んな意味で収穫のある旅行になりました。

まだまだメキシコとオアハカの知らない部分もいっぱいあるかと思いますが、以前よりももっと好きな国、場所になりました。

 

そしてここまで来てくれた彼には感謝してもしきれません( ; ; )

日本にいる間「彼女がメキシコにいる」と言ったら、恐らく大体の確率で「なんでメキシコ?」とか「メキシコ絶対危ない」とか周りから言われてると思います。

もし私もその国を知らなかったら、同じ事を言うかと思います。

それに対していちいち応えるのも、彼の立場からすると面倒くさいだろうなぁとか思って常に申し訳ない気持ちはあるのですが、今回の旅で「すごく良い場所だという事が分かった」と彼も言ってくれたので、とても嬉しかったです。

 

最後の別れ際には応援の手紙も貰い、帰国までの残り1ヶ月半(は、はやい!)、ここでの勉強と娯楽を最後まで楽しもうと更にやる気がみなぎりました。

 

 

この1週間で訪れた場所を記録がてら、紹介しようかと思います。

すみません、怒涛のブログ更新になります←

 

Viva la vida! Viva la México!

 

f:id:TamakiShizuka:20170819010738j:image

日焼けしました笑

 

 

メキシコシティでは、

 

 

ほぼ建築巡りをする予定です。

 

 

メキシコシティは現代建築が多いらしく、魅力的なスポットがたくさんあります。

と言ってもシティの中心部はオアハカのセントロと比べ物にならんぐらいデカいので、全部を徒歩で周ることは無謀に近いです、、

 

 

そしたら交通手段で何が1番ベストかと言うと、Uberウーバーです

(メキシコではウーベルと呼ばれてます)

 

最近メキシコシティに行った友達が、

「DF(メキシコシティ=連邦区Distrito Federal のことを略してみんなDFと言います)はウーバー必須です!」

と激推しされたのですが、'たまツアー'←を組んでる途中でその意味が分かりました。

 

 

東京みたいに地下鉄が主流ですが、それだと各々の移動時間が最低1時間ぐらいはかかるので効率良く周れないことが発覚。

しかもタクシーにも色々種類がありますが「メキシコシティで外国人がタクシーに乗ったら終わり」と言われていることもあり笑、メトロより多少高くてもすぐ呼べて早く着くし、何より治安の面で「これはウーバーしかないな」と思い、すぐさまメキシコのSIMカードを購入しました。

 

オアハカでは学校も家も、その他のカフェ、レストランなどもある程度Wi-Fi環境が整っているのであまり問題は無かったのですが、知らない土地でウーバーを呼ぶとなるとインターネットが必要になります。

それ以前に私達が行きたい場所が見学前に予約必須な場所が多くて、電話をかける為にメキシコでの番号を持つことが絶対でした、、、

留学前にiPhoneSIMフリーにしといて良かった〜(;o;)

 

 

 

行きたい場所に一応出来る限り周りたいですが、その中でも彼が1番行きたがってる建築家、ルイスバラガンの建築がとりあえず凄そう。

ルイスバラガン建築は全部予約必須だし、入場料も最低200ペソ(約1200円)〜、さらに撮影禁止で、撮影出来たとしても+500ペソ(約3000円)払わなければいけなかったり、、、

 

完全にオアハカではあり得ない価格。笑

 

 

しかし彼曰く建築業界では普通のことらしく、しばらくオアハカで生活してきた私がヒヤヒヤしています。

 

平日は50ペソ(約300円)も使わないので500ペソあれば10日間は生きれるなぁとか今は考えてしまう私ですが、果たして日本に戻ったらやっていけるのかすごく不安です←

 

 

少し話がズレましたが、メインであった'ルイスバラガン邸'は既に他の人で予約が埋まって見学出来ないという残念な結果に、、( ; ; )

 

そしてルイスバラガン建築の図面を集める為に(それを見ながら見学したいという彼の本気さ笑)、昨日図書館に行って色々見ましたが、唯一行かないバラガン邸だけの図面しか無いという、これまた残念な結果に、、笑

f:id:TamakiShizuka:20170812004233j:image

 

 

でも今日はシティの鬼デカい市立図書館に行く予定なのでそこで見つかれば良いなぁ∧( 'Θ' )∧

 

 

とりあえず今はバスターミナルに着き、これからシティの空港に向かいます。

f:id:TamakiShizuka:20170812005409j:image

 

想像以上に寒いです。

オアハカからバスターミナルまでの間、夜間なのでバスの中で寝てたのですが、起きたら膝の上に知らないジャケットが、、

 

なんと、隣の人がそっとかけてくれてたみたいです笑

 

日本に居たら起こらなそうな状況に度々あいます。

ここの人達は本当に優しくて、その優しさを素直に受け取り、それに対して常に感謝の言葉を伝えなきゃな〜とメキシコに来て思いました( ; ; )笑

 

 

 

そろそろ空港に向かおうかと思います。

またシティの写真も載せます〜

 

 

みなさんよい週末を!

 

私の学校は、

 

 

「Instituto Cultural de Oaxaca」

 

インスティトゥート= 学校

クルトゥラル= 文化

オアハカ

 

というセントロにある語学学校です。

私は未だにインスティトゥートで噛みます。

 

みんな略してICOと呼んでいます。

 

 

ここに決めた1番の理由は、学校に日本人スタッフが居るということでした。

前に居た女性スタッフの方は、私が来て約1ヶ月後ぐらいに退任されたのですが、今は新しい男性スタッフが駐在しています。

日本人スタッフが居るお陰で、日本人の生徒も来やすい環境になっているのです。

 

 

あとは学校の外観、立地も決め手の1つでした。

前にインスタでも載せたことがありますが、すごく可愛いのです。

 

f:id:TamakiShizuka:20170807001300j:image

 

f:id:TamakiShizuka:20170807001316j:image

カフェテリアの方

 

中庭も広いです

 f:id:TamakiShizuka:20170807002019j:image

 

f:id:TamakiShizuka:20170807001932j:image 

 

セントロにある学校としては緑も沢山あり広大な敷地なので、すごく開放感があります。

それもそのはず、学校になる前はホテルとして使われていたらしく、なのでこんなに広いんだなぁと納得した覚えがあります。

 

 

f:id:TamakiShizuka:20170807001841j:image

私も時々こんな感じで昼寝しています。

 

 

f:id:TamakiShizuka:20170807004857j:image

看板娘もいます

名前は「ウィーチャ」

 

f:id:TamakiShizuka:20170807004918j:image

 

f:id:TamakiShizuka:20170807005209j:image

 

f:id:TamakiShizuka:20170807005717j:image

 

f:id:TamakiShizuka:20170807010005j:image

我が物顔で机に座ったり

 

とても人懐っこいです

ウィーチャの写真まだまだいっぱいあるな、、笑

 

 

こういう立地なので、ICOでは時々結婚式も開かれるみたいです。

今週がまさにそれで、中庭に大きいテントを設営していました。ガーデンウエディング的な感じでめちゃくちゃお洒落でした。

 

写真を撮り忘れたので無いのですが、装飾や照明も、もうとりあえず全部お洒落!!笑

私の語彙力では言葉足らずかもしれませんが、お洒落だけども全体的にイキッていないお洒落さというかなんというか、、全てに対して自然な気がします。

それはここの人達に対しても言えることだなぁと勝手に思ったりしていますが、、

 

 

 

結婚式以外でも、ICOは時期によって色んなイベント場所として使われるみたいです。

ゲラゲッツァの時には、オアハカの村で働く女性の為のイベントがありました。

 

f:id:TamakiShizuka:20170807013628j:image

村の女性達が作ったカラフルなエプロンやテヒード(織物)が販売されていたり、

 

 f:id:TamakiShizuka:20170807014933j:image

オアハカはチョコラテ(チョコレート)も有名ですが、カカオからチョコラテにするまでの工程を実演していたり、、、

↑これがまたすごく大変なのです(;o;)

 

 

 

ICOの学校の先生や事務の方達も、みんな本当に気さくで優しくて、平穏に過ごせています笑

周りにはレストランやカフェ、美術館、博物館、図書館、公園、色んなお店も沢山あります。

ICOスペイン語を勉強する環境として、またオアハカの文化に触れる環境としてはすごく最適な場所だと思います。

 

 

帰国するまでに、もっと色々吸収したいなと思うたまきでした

 

あっという間に、

 

 

8月ですね!

 

 

オアハカ滞在も残すところ、あと2ヶ月ないぐらいになりました(;o;)

時間過ぎるのが本当に早いです。

日本に戻るのはもちろん嬉しいですが、ここを去る寂しさの方が勝ってる気がします、、、

 

これも今を楽しめているお陰です。

日々周りに感謝しながら、残りの期間も健やかに過ごしたいと思います。

 

そしてお陰様で、体調も良くなりました。まだ少し咳はありますが、今週末は久々に好きなお酒を飲んでいます。

 

 

 

 

そして私事ですが、なんと彼がメキシコに来ることになりました

 

聞いた時は驚きました笑

 

何故ならここの物価やホテル等は安いのですが、日本〜メキシコ間の航空券が高いし、まだ入社1年目の彼に対して「あ、あまり無理しないでいいからね(;o;)」と言っていたのです。笑

しかし入社1年目の今だからこそ夏休みもしっかり取れるらしく、どうせならということで来てくれることに、、、!すごくありがたい( ; ; )

 

それに便乗して←、迎えがてらメキシコシティに短い間ですが3日間滞在し、オアハカに一緒に戻ってくる予定です。オアハカ州以外出たことが無い私ですが遂にメキシコシティに!笑

 

ここに来る前にも、そしてオアハカの人達にも、メキシコシティは面白いスポットがたくさんあるから行ってきたら良いよとオススメされていたのです。

 あと1週間後ですがすごく楽しみです。

 

 

 そして相変わらずオアハカのメジャーな観光地にあまり行っていない私。

元々8、9月に行く予定だったので、彼が来るタイミングである程度行こうかと思っているのですが、その前にマイナーな観光地というか、最近ザ・ローカルな場所に連れてって貰ったので紹介します。

 

 

セントロからバスで約20分の距離にある村

 

'Huayapam' ウアヤパン

 

そこにある「Ecoturistico HUAYAPAM Park」という公園に行ってきました。

 

 

ピクニックやサイクリング、キャンプ等が出来る場所らしく、割と大きめな湖もあってすごく私好みの場所でした。

 

やはり山の天気は移り変わりが早く、着いた時は曇ってましたが

f:id:TamakiShizuka:20170806145854j:image

 

少しするとこのように!

f:id:TamakiShizuka:20170806145524j:image

 

人も少ないし、空気の澄んだ閑静な場所。とても落ち着きます。

 

 

f:id:TamakiShizuka:20170806153434j:image

 

f:id:TamakiShizuka:20170806150335j:image

 

f:id:TamakiShizuka:20170806150305j:image

馬もいます

 

 

湖の周りにはレストランがいくつかあったので、そこでご飯も食べれます。

 

f:id:TamakiShizuka:20170806150504j:image

これは「トラユーダ」というメキシコ版のピザみたいなもので、オアハカを代表する伝統料理のうちの1つです。

トラユーダはどこのレストランでも屋台でも、基本的にデカいです。

全部食べれた試しがありません。

 

手前にあるグァカモレ(ワカモレのこと)も美味しい〜

 

やっぱり色んな所で出てきますが、メキシコのグァカモレは本当に美味しいです。

ほとんどのグァカモレはハラペーニョという緑のチレを使ってるらしく、そのピリ辛な感じがたまりません。

 

 

f:id:TamakiShizuka:20170806152816j:image

友達は食後に、バナナを揚げた上にコンデンスミルク?がかかったやつも頼んでました。

カロリー超絶高そう

 

 

お、おいしい、、(><)笑

 

 

 

 

ついでにトイレも可愛いです

f:id:TamakiShizuka:20170806153058j:image

 

 

 

なんとなく、沖縄市泡瀬にある総合運動公園を思い出して懐かしい気持ちになりました←

 

こうやって、オアハカがどんどん好きになっていくたまきでした

 

さて、

 

ゲラゲッツァゲラゲッツァと前々から私が言ってきましたが、一体何なのか。説明してなかった気がします笑

 

毎年7月16日以降の2週の月曜日に渡り行われるイベントであり、オアハカ最大のフィエスタです。(なので今年は7月17日と24日でした)が、その期間中、または前後の週末も関連イベントが盛り沢山です。

元来は先住民がトウモロコシの神に豊作を祈る祭りでしたが、近年では色鮮やかな伝統衣装をまとった舞踊フェスティバルの要素が強いみたいです。

 

セントロの北西にフォルティンという丘があるのですが、そこにある'Auditorio de la Guelaguetza 'がメインの会場となります。

 

そこでは基本的に7.8つの地域のグループが、各々の伝統衣装を着て踊ります。

そして各グループの上演が終わる度に、その地域の特産品や踊りに使った小道具を客席に投げ入れるのです。

これはゲラゲッツァの言葉の起源からきているものです。

元々、'ゲラゲッツァ'はオアハカ州のサポテコ族の言葉で「互いに助け合う」→贈り物をする、という意味らしいです。

村人ならではの思想だと思います。

 

色々な踊りの中でも、特にパパロアパンという地域のパイナップルの花の踊り

'Flor de Piña' 

と、サポテコの羽毛の踊り

'Danza de las Plumas'

は有名です。

 

このゲラゲッツァは、私がオアハカに来る前に一番楽しみにしていたお祭りです。

当初はメイン会場のアウディトリオで見ようかと思ってましたが、日本人の子が村のゲラゲッツァを見に行くとの事で、7月24日の最終日一緒に行きました

 

その村は

'San Antonino Castillo Velasco '

サンアントニーノカスティージョヴェラスコ

 

 

どうして村の名前はこうも複雑なのでしょうか

因みにこの村は刺繍が有名な村で、オアハカの中でも細かい刺繍が施されているのが特徴的です。

鬼刺繍の為、割と値が張ります。が、実際に小さい子供が着てるのを見ると本当に可愛いし、みんな自分の地域の服を着ててすごくほっこりした気持ちになりました。

 

ゲラゲッツァの前に時間があったので、サンアントニーノの近くのオコトランという村にもチラッと寄りました。

f:id:TamakiShizuka:20170729150238j:image

f:id:TamakiShizuka:20170729150247j:image

水色と黄色の配色が可愛い教会です。

オアハカの教会は本当に可愛いな〜

 

f:id:TamakiShizuka:20170729150302j:image

これは大きいメルカドです

 

f:id:TamakiShizuka:20170729150503j:image

トルティーヤ製造機

中々興味深い構造です。トウモロコシの香ばしい匂いがプンプンしてました。

 

 

一通り見て会場に向かって歩いてると、カレンダに遭遇!

f:id:TamakiShizuka:20170729150822j:image

このカレンダは果たして会場に着くのかが定かではなかったので、近くのある1人のおじさんに聞いたら「これについて行けば大丈夫!」との事で一緒について行きました。

 

私達はカレンダと共に会場に向かったのですが、このおじさん、その間に私達全員にビールをくれたり、会場に着いてからも何故かチケットを全員分買ってくれたり、上演中もビールを買ってくれたりゲラゲッツァの解説してくれたりと、、数々のおもてなし。笑

 

最後はセントロまで見送るという、本当にただのすごく優しい人でした。笑

 

 

 

そして17時頃、ゲラゲッツァが始まるとすぐに

f:id:TamakiShizuka:20170729152219j:image

羽のやつ!!!←

 

この羽、実際はすごく重いらしいです。その重さを感じさせないぐらい、みんなぴょんぴょん跳ねていました。

 

 

f:id:TamakiShizuka:20170729154347j:image

ちょくちょく花火みたいな、爆竹みたいなのが出てくるのですが、見てる側からしたら本当にこわい。しかし踊ってる人達や当の本人は普通、、、笑

 

 

少し見えづらいですが、

f:id:TamakiShizuka:20170729155041j:image 

念願の、Flor de Piña の踊りも見れました。みんなパイナップルを持っています。やはり圧倒的人気です。そしてすごく可愛い、、(;o;)

みんなこれを楽しみに1年待ってたのだなぁと勝手に思ってしまいました。

 

 

そして全体を通して印象的だったのが、各地域の踊りが終わった後のこの場面

f:id:TamakiShizuka:20170729154801j:image

 みんな必死に手を上げて、こっちー!と叫んでいます。

お菓子、パン、果物、帽子、スカーフなど、、、、あらゆるものが空中を舞っていました。

 プレゼントを客席に投げ入れるスタイルは、ゲラゲッツァの醍醐味かもしれません。

 

 

日もすっかり暮れていたので、フロールデピーニャを見たらすぐに引き上げましたが、その時点で21時、、、その後も出番待ちしてたグループがいたので、まだまだ終わりそうにはなかったです。笑

 

 

帰りはオコトランまでトゥクトゥクに乗り、そこからセントロまではコレクティーボタクシーで帰宅しました。

f:id:TamakiShizuka:20170729161159j:image

 

楽しみにしてたゲラゲッツァを見ることが出来て本当に良かったです。

アウディトリオのゲラゲッツァの方が断然規模が大きく設備も充実していますが、サンアントニーノの会場の距離感やライブ感、たまに音響がグダグダでも指笛で応えるオーディエンスのアットホーム感など笑、私は好きでした。

沢山歩いたので疲労感がすごかったですが、この日はとても忘れがたい1日になりました。

 

 

では皆様、良い週末を!

ここに来て初めて、

 

 

 

 

体調を崩しています。笑

 

 

 

海外あるあるでよく聞く「お腹を壊す」方ではなくて、喉がやられてます。

 

一応ここでまだ一回もお腹を下したことはありません〜

私が住んでる家のお母さんは、約15年間海外から来る生徒を家に泊めてるそうですが、ここに泊まりに来る日本人の子はほとんどお腹を壊したことないらしく、いつも「日本人の子は胃が強いわね〜」と感心されます笑

 

だからか私もお腹を壊さない自信があったし、それさえクリア出来ればここでの生活は健康的に送れるものだろうと思っていました。

 

 

しかし別のベクトルで問題発生。

恐らく原因は気温の寒暖差です。

 

メキシコは暑いだろうねとよく言われますが、断然東京の方が暑いと思います。暑い上に湿気がすごい。

オアハカは、確かに昼間は暑くなるときもありますが、朝と夜がすごく涼しいのです。

今は雨季の時期でもあるので午後に雨が降ると、上がった後はひんやりして、湿度も低いので過ごしやすい

 

ただ先週が特にすごくて、ちょうど1週間前の水曜日の午前中が本当に寒くて、その午後以降と翌日がまじで暑かったのを覚えています。

一番仲が良いオアハカ出身の先生でも、その日の朝は「まじ寒い」って言ってジャケットを来ていました。笑

 

その週末から喉の痛みがありましたが、一昨日のゲラゲッツァでお酒を飲んだのもいけなかったな←

 

そして昨日は人生で初めて、ウソみたいなオネェ声になり、今日は遂に声が上手く出ずに休校しました(;o;)

 

なんとか日本から持ってきた薬で凌ごうと思ったのですが、こんなに声出なくなるのが初めてで、さすがに咳もキツくて、夕方頃医者に診て貰いました。

すごく優しいお医者さんでした。「あんまりスペイン語話せんから、ゆっくり話して下さいポルファボール!」を最初に強調しといて良かったです笑

診断は無料で、薬を3種類貰って150ペソ(約1000円ぐらい)

ここの医療機関は基本的に無料らしいです。ありがたや、、(;o;)

 

 

f:id:TamakiShizuka:20170727135547j:image

お母さんが作ってくれるはちみつ入りのティーも沁みます、、

水も日本から持ってきたミニケトルで沸かし、白湯として飲みまくってます。

このミニケトル、本当に持ってきて良かったモノ断トツ1位です。活用しまくってます。

 

 

ここのお母さんもすごく心配してくれて色々やってくれるので、一人暮らしとは違う、家に誰かがいることの有り難さを改めて実感しています泣

 

喉と咳以外は問題ないので大丈夫です〜

なるべく早く治して学校に行ける様に、しばらくは安静にしたいと思います。

 

 

週末はもうすぐ!

 

牛皮の、

 

 

職人さんに出会いました

 

前回の記事に書いたフェリアデメスカルの横に併設されてる、民芸品エリアをウロウロ歩いていたら、一際、渋い皮製品が並ぶお店を発見しました。

 

 

私はオアハカにスニーカー何足かと島ぞうり←を持って来たのですが、ここに来てからずっと、少しだけ女子っぽいサンダル(笑)を探していました。

というか元々持ってなかったので日本に居る時から探してて、ここに来てからも色々見てるのですが中々無い。

 

安いものはいっぱいあるのですが、気に入るものがなかったのです。

 

 

 

しかし昨日ついに∧( 'Θ' )∧

 

f:id:TamakiShizuka:20170724124329j:image

こんな感じで、ブースごとに上の方に村の名前が表記されてます。

 

その名も'Acatlán de Pérez Figueroa'

アカトラン デ ペレス フィゲロア

 

 

呪文のよう

 

しかし他のブースの村は、割と聞いた事がある村ばかりでしたがここは初耳でした。

 

職人のおじさんに色々話を聞くと、オアハカのセントロからバスで8時間かかる村だそう(;o;)

更に場所を調べると、オアハカの北の方で、もはやベラクルス州に近い、、

Googleマップの写真等を見ると、本当に何も無い、、笑

 

 

商品はこんな感じです↓

 

 

f:id:TamakiShizuka:20170724130451j:image

 

f:id:TamakiShizuka:20170724130355j:image

 

f:id:TamakiShizuka:20170724130406j:image

 

 

男性用サンダルの黒があって、私はその女性用が欲しかったのですが展示されてなかったので念の為聞くと、裏から持って来てくれました。

 

 

因みにコレです。

f:id:TamakiShizuka:20170724134113j:image

良い感じです◎

値段は450ペソ。メキシコ価格だと少し高めですが、日本円だと2800円ぐらい。

 

 

今のゲラゲッツァの様な出店と、12月のイベントで同じ様に出店するのとで、年に2.3回ぐらいしかセントロには来ないらしいです。

それ以外は、そこの村に所有している工房にずっと居るそう、、

 

海外に行くと(例えば市場などで)値切った方が得だと良く聞きますが、私は出来ないなと思いました。

もう色々話したりしてると、おじさんのバックグラウンドを想像して泣きそうになりました←

 

自分で言うのも変ですが、カモ客ですね笑

しかし敬いの気持ちから値切ることが出来なかったのは本当です笑

 

そんな私の勝手な感情とは裏腹に、このおじさんはとても明るくてお茶目で飾らない性格で、本当に素敵な方でした。

そしてお洒落で渋くて紳士。完璧です←

 

彼の名前は、彼の工房兼サンダルの名前にもなってる「Perroni」

 

f:id:TamakiShizuka:20170724133126j:image 

ペローニが履いてたサンダルもイケてたな〜

 

 

昨日はそんなにお金を持ってなかったので、翌日来る事を伝えて、無事に今日取りに行ってきました。 

 

 

f:id:TamakiShizuka:20170724140950j:image

サンダルよりも足の日焼け具合に目がいきますね

 

 

 

ちゃっかり一緒に撮ってもらいました

f:id:TamakiShizuka:20170724133045j:image

 

買ったばかりのお菓子くれたり、売り回っているパン屋のおばさんに、私の事を「俺の新しいアミーガだぜ」って言ってたり笑、本当に優しくて面白い方でした。

 

いつか直接、村の工房に遊びに行く事を約束しました。 

 

実現出来る様に頑張ろうと思った、実りのある1日でした〜